「アクセサリー|結婚式お呼ばれドレス」の記事一覧

20代女性|結婚式披露宴のおしゃれな黒ドレスまとめ

20代女性が結婚式に参列する際に多いのが黒ワンピースですね。
おしゃれな黒の袖付きワンピースって本当にかわいいと思います。

でも、披露宴に出席するからには、それなりの服装マナーは守りましょうね!

例えば、肩や肌の露出はなるべく少なくしたいので羽織物でコーディネートしましょう!黒ワンピならシルバーなどの色物ボレロやストールがアクセントになっておすすめです♪

ファー付ボレロなどは披露宴ではNGなので覚えておきましょう!
それと、ストッキングはベージュがおすすめです。黒ワンピに黒ストッキングだとお葬式のようになってしまうので注意してくださいね♪

胸元と裾が黒のレースで膝丈ドレスは結婚式の服装としてあり?

結婚式の披露宴に胸元と裾が黒のレースで膝丈グレードレスってどうなのか?

胸元と裾のレースがそれほど目立たないものなら特に服装マナーとしては問題ないと思いますが、結婚式でのドレスは基本、単色無地です。

ビジュー付きのパンプスなども、ビジューがあまりキラキラしている靴は昼間の挙式向きではないので、避けるべきでしょう!夜なら問題ないと思いますが、エナメルも問題ないと言う方もいますが、フォーマルではありませんので避けるべきですね。

友人の結婚式披露宴での服装コーディネートまとめ

先日、友人の結婚式披露宴に出席してきました。私はドレスコードを守って、できるだけ華やかな感じになるような服装コーディネートをしたのですが、式に出席していた周囲の女性を見てびっくりです!全く服装マナーを守っていない若い女性がたくさんいました。数人とかではなく、半分ぐらいの若い女性がNGとされている服装だったので、ちょっとショックでしたね。

新郎新婦のご友人なんだろうけど、新婦さんなどはあまり気にしていない様子で、披露宴ではかなり楽しんでいた様子でした。まあ、メインの方が楽しいのだからいいのかな~とは思うんですが、最近はこんな結婚式なんでしょうか?
ちょっと自分がドレスコードをしっかりとやり過ぎたのか?と感じるぐらいです。

その式場ではこんな服装の女性がたくさんいました:

ドレス バイカラー・柄物・ミニ丈・超ミニ丈
羽織物 ファーづくし
足元 オープントウ・バイカラー・ミュール・柄物・黒タイツ・黒ストッキング・柄タイツ
バック ブランド品 パーティーバックを持たない・ブランド紙袋
髪型 ノーマルヘア・大きなお花

などなど、他にもありますが、まるで何かのパーティーのような格好できている女性もいましたね。

結婚式の服装でオープントゥはマナー違反

例えば、結婚式の靴(パンプス)でオープントゥのものはNGとされています。これは、つま先が開いているということが、妻が先に戸籍から出て離婚につながるという意味なので結婚式には向いていないということだそうです。

結婚式披露宴に参列するのは、若い女性ばかりではなく、新郎新婦の友人意外にも、会社の上司や先輩、同僚、恩師、また、それぞれの親族の方々が出席します。ですので、あまりドレスコードにそっていない服装をしていると新郎新婦にとっては喜ばしくない状況となってしまいますし、マナー違反している女性は明らかに式場で浮いた存在になってしまいます。そうなると誰にもプラスにならないですよね。逆にマイナスなことばかりです。

40代前半女性の結婚式参列用ドレスまとめ

40代前半の女性が結婚式参列用ドレス選びはかなり悩みますよね~
30代とは違って40代になったらもう少し大人の女性を演出できるドレス選びがおすすめです♪

定番で選びやすい黒ドレスですが、40代ならまだまだパステルカラーや華のあるカラーのドレスをチョイスしてもいいと思います。

黒ドレスだと地味な印象になりがちですし、どんなにコーディネートしても全体的に暗い印象になっていまう場合が多いです。

30代女性が結婚式披露宴に着ていきたいワンピースまとめ

30代女性になると年相応のお呼ばれワンピース選びが必要になってくるかと思います。結婚式披露宴にはいろいろな方が出席されるので、服装もバラバラですが、30代40代女性ならドレスコードは基本守っている人がほとんどです。

10代20代だとまだ服装マナーがわかっていない女性も多いと思いますが、若いのである程度は許されることが多いかもしれません。でも、30代超えたらそうは言っていられません。最低限の服装マナーに注意してワンピース選びしましょう!

夜の結婚式披露宴での服装まとめ

夜の結婚式披露宴の服装ですが、夜でもホテルなどの豪華な披露宴では昼と同じようなフォーマルドレスを着ている女性が多いです。夜だからと言って、昼よりも夜向けのコーディネートをしてしまうと式場で浮いてしまう可能性があります。

夜だからといって「やりすぎ」には注意が必要ですね。ドレスの裾は膝が隠れるぐらいの丈なら問題ないですが、膝が見えてしまう丈だと服装マナーとして問題が出てきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ