「上品」タグの記事一覧

胸元と裾が黒のレースで膝丈ドレスは結婚式の服装としてあり?

結婚式の披露宴に胸元と裾が黒のレースで膝丈グレードレスってどうなのか?

胸元と裾のレースがそれほど目立たないものなら特に服装マナーとしては問題ないと思いますが、結婚式でのドレスは基本、単色無地です。

ビジュー付きのパンプスなども、ビジューがあまりキラキラしている靴は昼間の挙式向きではないので、避けるべきでしょう!夜なら問題ないと思いますが、エナメルも問題ないと言う方もいますが、フォーマルではありませんので避けるべきですね。

30歳妊婦マタニティー|結婚式披露宴に着ていくワンピース特集

30歳妊婦の女性が結婚式に出席される場合、マナーについては細かくこだわる方とそうでない方が居ますが、私は妊婦さんと小さい子はそんなにマナーにこだわることは無いと思っています。

ただ、あまりにカジュアルすぎるワンピースを披露宴に着ていくのはおすすめできません。

それに、おなかが目立つ妊婦さんでひざが見えるような丈のドレスやワンピースはちょっと見た目にもだらしないというか妊婦さんなのになぜそんなに露出してる?と思いますので、今はマタニティーでも可愛いデザインでそんなに高価ではないものを楽天などの通販サイトでも売ってますので、フォーマルまでは必要ないと思いますが、あまりにもカジュアルすぎるのはやっぱり新郎新婦に失礼なので、マタニティワンピを新調してみてはいかがでしょうか?

結婚式のパンプスはドレスと同系色がおすすめ特集

結婚式の服装選びってとても悩みますよね~

どんな服装ならマナー違反ではなく、かつおしゃれなコーディネートになるのか?服装マナーを考えていたらきりがないのですが、服装コーデに関しては、おしゃれに見せるポイントがあるのでご紹介しますね♪

20代前半女子向けおしゃれで可愛い結婚式ゲストドレスまとめ

これからの季節は春だし、20代なら安くてもいいのでネット通販で綺麗な色のお呼ばれワンピがおすすめ♪

30代女性|結婚式披露宴のフォーマルドレスのコーディネート特集

30代女性になると結婚式に着て行くフォーマルドレス選びや靴、バッグなどのコーディネートはとっても苦労しますよね♪

結婚式にお召しになるのは普通のワンピースやパーティードレスではなくフォーマルドレスですので、ご注意下さい。

バッグや靴ですが、フォーマルではあまり多くのお色を使わない方が良いので、全体を2色(挿し色を加えても3色)でまとめられると綺麗です。また、靴はバッグかドレスのどちらかとお色を揃えられた方が良いです。

40代の結婚式ゲストドレスに合わせてボレロ着用

40代前半で同世代の友人の結婚式にゲストドレスにボレロをコーディネートするのは年齢的にも避けるべきだと思います。

結婚式の服装でオープントゥはマナー違反

例えば、結婚式の靴(パンプス)でオープントゥのものはNGとされています。これは、つま先が開いているということが、妻が先に戸籍から出て離婚につながるという意味なので結婚式には向いていないということだそうです。

結婚式披露宴に参列するのは、若い女性ばかりではなく、新郎新婦の友人意外にも、会社の上司や先輩、同僚、恩師、また、それぞれの親族の方々が出席します。ですので、あまりドレスコードにそっていない服装をしていると新郎新婦にとっては喜ばしくない状況となってしまいますし、マナー違反している女性は明らかに式場で浮いた存在になってしまいます。そうなると誰にもプラスにならないですよね。逆にマイナスなことばかりです。

20代女性|同僚の結婚式に黒のワンピース特集

結婚式では定番となっている黒のワンピースですが、実は、黒って元々は西洋の文化でお葬式のお色とされているんです。私も披露宴に何度も出席していますが、黒ドレス着ている女性もたくさんいますよね。でも、初心者の方にはちょっとハードルが高いと感じます。黒ドレスってコーディネートをちゃんとやらないとお葬式のような暗いイメージになってしまうので、上級者向けなんです。

ですので、結婚式に初めて出席するのであれば、黒意外の単色ドレスをおすすめします♪

ドレス生地は、サテン、タフタ、ヴェルヴェット、ビーズなど光るものがおすすめです。ドレスの丈は膝が見えないぐらいのものが良しとされています。

もし、ドレスを新調するのであれば、ボレロとセットのようなものを購入するのがおすすめです♪

結婚式に着るのはワンピースやパーティドレスではなくフォーマルドレス

結婚式にお召しになるのはワンピースやパーティードレスではなくフォーマルドレスですが、一般のショップではパーティー向きワンピースはあってもフォーマルドレスの扱いはほとんどないのが現状ですね。

結婚式披露宴では肌の露出はできるだけ避けるのがマナー特集

年齢などに関係なく、結婚式披露宴では、肌の露出はできるだけ避けるのが服装マナーとなっています。

あくまでも主役は新郎新婦。肌を露出すると悪目立ちしてしまう可能性があります。招待客の様子から、新郎新婦の普段の様子をうかがい知ることができるので、意外と見られています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ