「10代」タグの記事一覧

白黒柄ロング丈の結婚式お呼ばれドレス特集

白黒で柄物ですし丈が短いので、結婚式では避けるべきドレスです。
一般的な結婚式の洋装のマナーとは・・・
●白や白っぽく見える色以外(オフホワイト・アイボリー・薄いベージュもNG)
●マナー違反ではないが、できれば黒も避けた方が良い
●バッグは小振りなパーティーバッグ(ブランドロゴの目立つ物はNG)
●バッグに入らない荷物は別のバッグに入れてクロークに預けるか、会場内に持ち込む場合はフォーマル用サブバッグに入れる(紙袋をサブバッグ代わりにするのはNG)

結婚式披露宴のフィッティングルームに行くまでの服装まとめ

結婚式場のフィッティングルームで式への出席用の服装に着替える予定で、フィッティングルームに行くまでの服装がどうしたら良いかわからない!という女性の方も多いのではないでしょうか?

結婚式場までは、できれば、安っぽい普段着ではない、華やかで、おしゃれなもしくはフォーマルな感じの服装がベストです。例えば、明るい色の羽織もの&ワンピ、スーツ上下&フリルブラウス等ですね。

バック・靴も、式場で使用していてもおかしくないようなものにした方が良いです。シンプルなものでOKです。よれよれのビニール製袋、運動靴はアウトですね。

結婚式の服装でオープントゥはマナー違反

例えば、結婚式の靴(パンプス)でオープントゥのものはNGとされています。これは、つま先が開いているということが、妻が先に戸籍から出て離婚につながるという意味なので結婚式には向いていないということだそうです。

結婚式披露宴に参列するのは、若い女性ばかりではなく、新郎新婦の友人意外にも、会社の上司や先輩、同僚、恩師、また、それぞれの親族の方々が出席します。ですので、あまりドレスコードにそっていない服装をしていると新郎新婦にとっては喜ばしくない状況となってしまいますし、マナー違反している女性は明らかに式場で浮いた存在になってしまいます。そうなると誰にもプラスにならないですよね。逆にマイナスなことばかりです。

20代前半で結婚式二次会のみの出席時の装いまとめ

大学時代の同級生から二次会に招待され、イタリアンレストランへ着てく服装でお悩みの女性も多いかと思います。

新郎新婦がどのような装いになるかもわからないため、どの程度かしこまった装いにすべきか見当がつきませんよね。

一般的に、二次会は服装の決まりがありませんから、派手な色や、露出の多過ぎる服や、白色を避けるといった基本的な事さえ守っていれば良いと思います。

30代女性が結婚式披露宴に着ていきたいワンピースまとめ

30代女性になると年相応のお呼ばれワンピース選びが必要になってくるかと思います。結婚式披露宴にはいろいろな方が出席されるので、服装もバラバラですが、30代40代女性ならドレスコードは基本守っている人がほとんどです。

10代20代だとまだ服装マナーがわかっていない女性も多いと思いますが、若いのである程度は許されることが多いかもしれません。でも、30代超えたらそうは言っていられません。最低限の服装マナーに注意してワンピース選びしましょう!

結婚式のお呼ばれに肩の出たワンピース

ホルターネックのワンピースには、羽織物必須

夜の結婚式披露宴での服装まとめ

夜の結婚式披露宴の服装ですが、夜でもホテルなどの豪華な披露宴では昼と同じようなフォーマルドレスを着ている女性が多いです。夜だからと言って、昼よりも夜向けのコーディネートをしてしまうと式場で浮いてしまう可能性があります。

夜だからといって「やりすぎ」には注意が必要ですね。ドレスの裾は膝が隠れるぐらいの丈なら問題ないですが、膝が見えてしまう丈だと服装マナーとして問題が出てきます。

今時の結婚式で服装のマナーが緩くなってきてる?

今時の結婚式で服装マナーが緩くなってきてるのは本当なのかもしれませんね。結婚式への出席経験が少なくてマナーを知らない20代前半の方が多いからであってそういう子たちに受けるようにと作られたドレスやワンピースが人気があって売れていることもひとつの要因なのかもしれません。

結婚式でレギンス・トレンカ・タイツ・柄入りストッキングはNG

結婚式では、肌色の無地のストッキングだけがOKとされています。踝のワンポイントやギラギラしない薄いラメならOKです。

レギンス・トレンカ・タイツ・柄入りストッキングはカジュアルアイテムですのでNGですし、黒のストッキングは喪の装いですのでマナー違反です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ